現在も非常に参入者が少ないYouTube動画ビジネスで確実に作業して先行者利益を稼ぐ方法

YouTube動画撮影方法

YouTube動画を撮影方法

 

YouTube動画の撮影は簡単に手軽に出来なければ意味はありません。
なので誰もが持っているスマフォで撮影するのが一番良いわけです。
そこでスマフォに絞って動画の撮影方法や注意点を解説してい行きます。

 

1.スマフォで動画を撮る時は必ず横向きで撮る

 

通常YouTubeで動画を見る時には、ほとんど大半が横長ですよね。

 

スマホで動画を撮ると、私もそうなのですが、ついいつもの癖で
写真と同じ感覚でそのまま縦向きに撮ってしまっていることが多い思います。

 

縦長の動画と言うのはYouTubeで見るのには全く向いていません、
全然良く見えないので必ず動画を撮影する時は、横向きで撮影するようにして下さい。

 

2.動画の撮影時にマイクの穴をふさがないように気を付ける

 

スマホによってそれぞれ動画撮影用マイクの位置と言うのは違っています。
動画を撮影する前に位置を必ず確認してふさがないように気を付けましょう。

 

もしマイクの位置が分からない場合には、試しに動画を撮影してみて
マイクらしい部分に息など吹きかけてみて、再生して音を確認してみれば分かるはずです。

 

横向きに動画を撮らなければいけないので、
マイクの穴を無意識の内にふさいでしまいやすいので
動画を撮影する時はふさいでないかを先に確認するようにして下さい。

 

3.知らない人の動画はなるべく撮影しない

 

ネットで動画を公開する前提で撮影するわけなので、
知らない人の顔などは極力映さない方が良いですね。

 

例えば、知らない間に他人に自分の顔等がネットに
動画で公開されていたとしたら気持ちのいいものではありません。

 

人混みでの撮影や撮影中の通りすがりの人などに関しては
ある程度映り込んでしまうのは仕方がありません。

 

YouTubeには人の顔に一括でモザイクをかける機能があるので必要であれば使いましょう。

 

4.長い時間撮影を続けるよりも場面ごとに区切っての撮影する

 

動画は画像とは違いファイル容量が大きいです。
調子に乗って撮っているとすぐにいっぱいになってしまいます。
なので不要な場面は一旦録画をストップした方が良いですね。

 

場面ごとに区切って撮影した動画は、
後で編集する際には作業がしやすいのでちょうど良いです。

 

5、動画は保存の際にかなり容量が必要になる

 

1時間の撮影で20GBくらいの容量を使います!
YouTubeにアップする動画はだいたい1分から3分で良いです。
なぜならながいと見る方が飽きてしまい集中して見れないかなです。

 

なので1つの動画は長くなくても良いのですが、
容量と取れる動画の時間ぐらいは目安として覚えておきましょう。

 

ちなみに、1時間の撮影で20GBくらい使います。
3分で1GBを使うと考えておきましょう。

 

iPhoneの最大容量は64GBなので自分の空き容量は
常に把握しておくようにしておくと良いですね。

 

1)アンドロイドでは録画する前に解像度を下げると容量を増やせる

 

2)また録画済みの容量の大きい動画データをアプリでサイズダウンすることも出来る

 

1)録画前⇒動画を録るとき、設定から解像度を下げる

 

・カメラアプリ(動画アプリ)を立ち上げる⇒設定からメニュー表示、「解像度」をタップ。

 

・1ランク解像度を下げるだけでも、かなりの容量がへります。

 

※心配であれば2ランク下げると良いですが、
  その分映像の質が悪くなりますので1ランクぐらいにした方が良いです。

 

2)動画録画後⇒リサイズ縮小するアプリを使う

 

撮影後の動画をアプリを使ってリサイズ処理すると良いです。

 

推奨のアプリは下記です。

 

・「Video Shrink ? ビデオ・動画のサイズ縮小」(無料) 

 

※対応OS=アンドロイド4.0以降

 

1.40GBの動画はリサイズできる。
手順は、「縮小するムービーを選ぶ」⇒アルバムから縮小する動画を選び、「縮小開始」をタップ

 

下記の2つは、サイズが大きいと縮小出来ないようです。
MBクラスでないと対応不可能です。

 

・「Video Converter」(無料) ※対応OS=2.0以降
・「Key for Video Converter」(257円) ※対応OS=2.1以降

 

※アンドロイド自体で動作をするとバッテリーをかなり消費するので注意です。

 

6.動画撮影をしながらシャッター音を立てず静止画を撮影

iPone5にはシャッター音を消せる機能ががあります。
iPhoneユーザーのほとんどが知っているはずですが書いておきます。

 

iPone5本体だけでできる操作方法になります。
動画の中に静止画像を入れる場合などには使えるかもしれません。

 

動画撮影をしながら静止画を撮影するには?

 

その方法は、動画撮影をしながら静止画を撮影する方法です。
iPhone5にはもともと動画を撮影中でも静止画を同時に撮影できる機能が搭載されています。

 

動画撮影中に静止画を撮影すると、シャッター音がならずに撮影が可能です。

 

iPhoneで動画を撮りながらシャッター音を出さず静止画像を撮影する手順

 

@カメラを起動する

A動画モードにして動画撮影を開始

B動画ボタンの横にカメラのアイコンが表示

Cカメラのアイコンを押すとシャッター音なしで静止画を撮影が可能

 

※Androidは機種によって異なる部分が多いと思いますが、
特に特徴的な機能を持っているのは「HTCJ」「HTC J Butterfly」は同じ事が出来る。

 

きれいな音声で動画を撮りたい時はBlueToothイヤホンで録音する

 

動画をきれいな音声で撮る場合には、
ワイヤレス通話が可能な「BlueToothイヤホン」に付いているマイクを使って撮影すると良いです。

 

雑音がほとんど入らないので非常に綺麗に音で録音が出来ます。



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 初心者の方へ 無料レポート 私の推奨ノウハウ ご質問はこちらから