今後最も売上が伸びると考えられるネットビジネス YouTubeアドセンスアフィリエイト

著作件法上問題になる動画

著作権法上問題になる動画とは?

YouTubeにアップロードしてはいけない動画

 

@著作権上の問題になり得る動画
 ・著作権上問題になる動画は法律違反になるのでアップロードが出来ない動画

 

A削除されてしまう動画
 ・著作権法上問題がなくても申し立てによってYouTubeによって削除されてしまう動画
 ・削除を繰り返すとアカウントが停止になるのでアップロードを控えるべき動画

 

B収益化できない動画
 ・そもそも収益化できない動画である
 ・動画の著作権の証明を求められ、収益化が無効になってしまう動画
 ・完全オリジナルの動画でも収益化出来ないケースもある

 

※完全オリジナル動画なのに収益化出来ない場合の対処法
 ・タイトルを変更してみる
 ・アップロードする日を変更してみる
 ・あきらめて別の動画をアップロードする

 

著作権上の問題になり得る動画とは?

著作権上の問題になり得る動画とは具体的にどのような動画を言うのでしょうか?

 

・映画(アニメも含む)の映像
・音楽の映像

 

・グラフィックの映像

 

・テレビの映像

 

・ビデオ ゲームやソフトウェアの映像

 

・ライブ パフォーマンス(コンサート、スポーツ イベント、ショーを含む)

 

・著作権で保護されている音楽を口ずさんでいる映像

 

著作権上の問題とならないケースの具体例

 

・動画のカテゴリをニュース・政治と設定して動画の説明が事実を伝達する形にする。

 

・国会中継などに類する動画はアップロードしても問題はない。

 

・報道としての動画のアップロードは問題ない。

 

・作曲した作曲家が没50年以上が経過したクラッシック音楽などは利用することが出来る。

 

・映画については公表後70年が経過したものは利用することが出来る。

 

最も注意しなければいけないのは、映画、アニメ、音楽です、必ず意識しておきましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 初心者の方へ 無料レポート 私の推奨ノウハウ ご質問はこちらから